ふわふわblog

今井さんが大好きで、滝沢さんは大切な人です。

滝様イン横アリ

に行って来ました。なんだか良い席(センターでした)が当たり。まだ間に合うよメールも何回か来ていたので(採算取れないんじゃないかと)心配していたのですが、立見(チケット購入者かどうかは不明)も結構いて満席でした。会場全体を見渡すと、ABC-Z目当ての人が多く、滝沢さんを目で追ってるとジュニア目当ての人と目が合いまくり気まずい・・・河合トッツーの演舞城組みと橋本くん(←皆かわいい子が好き)そして塚ちゃん五関くんと続く。

内容はね。行こうかどうか迷っていたのですが、行って正解でした。もう、はずれなし!!うっかり滝沢さんを好きになりそうでした(^^;)ネタが細かくて、タキツバに対する気遣いとかも今回も健在でしたよ。

そして、27日の2部に入ったのですが、亀ちゃんが来てました。お得感満載でした。以下ネタバレします。

(内容)
・グッズ売り場、初日なのに人少なすぎる(売れてないな)→滝レンうちわ。ピンクTシャツ。ラメラメピンクのカチューシャ(ハート付き)→売り場がピンク一色→通りすがりのお姉さん「ちょっと、かなり痛いんだけど」(同感)この滝沢さんのずれてる感覚に、いつも一瞬恥ずかしい気持ちを覚えるけど、すぐに慣れる→私は習慣的にパンフレットを購入。
・会場の待ち時間は、空港の設定。アナウンスと映像が周期的にかわる。
○283便SPAIN行きに搭乗予定の今井翼さんはチケットを落としたらしい。忘れ物カウンターまで呼び出しかかってました。
○430便HIRAIZUMI行きに搭乗予定の義経さんは、弁慶と三郎と待ち合わせ。2回目のアナウンスで弁慶は帰っちゃいました。確か乗馬カウンターとかで待ち合わせだったような。
○627便YOKOHAMAに始まりNAGOYA、OSAKAは便名がコンサート日で出発時刻が開演時間になっていた(細かい)
○映像は、にっちん、ナイト、しゃららの各種CMとワンワン(オルトロスの犬です)予告映像「かっこいいのでもう一度」の字幕も入る
・コンサートの開始は飛行機の離陸場面から始まる。滑走路でオーライオーライとライトを振ってるちびっこジュニアが小さい頃の翼くんと滝ちゃんに似てる。
・そして機長は滝様。329便はトラブルに巻き込まれちゃって(ありがち)ああ大変って所で、どか〜んと「気まぐれジェット」です。この時のちびっこジュニアの衣装が懐かしのピンクジャケット(タキツバジュニア時代の初期によく着まわされてた衣装)滝沢さんの頭の中って過去回帰型だなって思ったり、昔からのファンを大事にしてくれてるんだなって思ったり。翼くんとの思い出を思い起こしたり。
・しゃららはジュニアファンのお嬢さん方、振りが完璧でした。ファンの鑑だと思った。
・顔だけ映像で和の世界に連れて行かれちゃうのかと思ったら、コントだった。監督役の河合くん「やる気ないなら翼くんに変えちゃうよ」発言。
・滝沢総長は頭もり過ぎです。愛革命を歌います。
・ヒーローショー長い。ちびっ子レンジャーの二人。すっごく可愛いけど「たとえせかいがほろびても、きみのことをだきしめていたいよ」ビームとか、恥ずかしい台詞言わせるのは、いじめじゃないの?!トッツーは子供番組のお兄さんになれると思った。河合くんの悪役は黄色い悲鳴を集めてた。
・MCで亀ちゃん登場。滝沢さんの核心をつく。亀ちゃんの疑問:何故べたにかっこよいことをやらないのか。→意外性を求める滝沢さんは、皆が予想もしなかった方向に行くことでサプライズ精神を発揮しているらしい。私的考察:べたがはまる人はめったにいないので、仁亀のパフォーマンスは価値があるしファンにも受けていると思うが。
・亀ちゃん「一緒にみていて、滝レンジャーって言っていいものかどうかという、皆の戸惑いを感じた」→お客さんの感覚をよく理解している。
・ヒーローショーを勉強のため見に行った滝沢さん。マスクだか仮面だかをばれちゃいけないと思いかぶって行ったそうです(逆に目立ちそう)。でも全然気付かれない。「ちびっ子はショーに釘付け、お父さんお母さんは釘付けなちびっ子に釘付け」だそうです。ちょっとヒーローショーがみたくなった私。
・「滝沢くんは最近、(カツウンの)コンサートをみに来てくれない」と亀ちゃん。滝「だって何時やってるか知らないんだもん。ワイドショーで気付くんだよ」亀「仁に聞けばいいじゃないですか」滝「あいつ、普段仕事の話全然しないもん。英語ばっかりしゃべってる」→この会話から滝仁の交流頻度が伺えると同時に亀ちゃんとは疎遠なんだということもわかる。
・願いはピアノ弾き語り。亀ちゃん曰く「7年前を思い出す。滝沢くんの家で、仁と二人で(こっくりしながら)滝沢くんのピアノをよくきいてた。めちゃくちゃピアノ弾いてるイメージあります」滝「コードくらいしか弾いてないよ」
・後半、タキツバメドレー。
・ジュニア紹介は混合グループ。デコボコデコトリオはちょっと自虐的。
・FIVEはガッキー不在。また、クエッションに取られたんだね。滝沢さんより優先なんて珍しい・・・
・最後のファンのことを思って書いた歌は、きゅんとします。ずいぶん幼い頃に出会ったね。そうだね。うん。
・アンコールで復活のエロエロダンス2009、ジュニアファンのお嬢さん方、すごく喜んでたよ。ヨン様の格好をした滝様が冬ソナのテーマ曲でエロダン。その脈絡のなさに脱帽。そして真正の冬ソナファンに怒られそう。。。
・更に、アンコールではジュニアの皆さん、グッズのピンクTシャツとハートのカチューシャつけてます。男子だけど本当によく似合ってる。一見悪趣味なあのグッズを買いたくなるマジック。

(感想)
・滝沢さんに小さな箱は似合わない。
・いつみてもゴージャス。
・痛いくらいピンク
・あ〜そこ行っちゃう?の精神が、いろいろな成功を邪魔していると気付いてても、そんな所が滝沢さんだからしょうがない。
・命がけのヒーローショー。遊び感覚はゼロ。つまり真剣。
・駅へ向かう帰り道、「亀のそつのなさが嫌な人には嫌なんだろうね。本人の意思かどうかはともかく、コンサートをこまめにみにくるとか」と亀ちゃんの話題を耳にする。皆、滝沢さんの話はしないのね。